日々の活動 お疲れ様です。直前ですが、下記情報をお伝えします。
ご都合のつく方はぜひご参加ください。

①『センスアップセミナー』開催のお知らせ
 日時:10月14日(土)18時30分~
 会場:札幌市西区民センター 2F大会議室
 テーマ:『読み取りに強くなろう!』
 講師:佐藤 薫 札通研運営委員
 参加費:300円
 ※会場はいつもの場所とは違います。ご注意下さい。

②『平成29年度 北手協・北通研 合同研修会』のお知らせ
 日時:11月18日(土)18:30~20:30
         19日(日)10:00~15:00
 会場:かでる2.7
 
  全体講演:「言語権を考える
        ~通訳を介した弁護活動から感じたこと~」
        講師 小野寺・松田法律事務所 滝川事務所
            所長 村田 雅彦 氏
 
  北手協分科会:「手話技術学習 応用編」
         講師 北海道手話通訳士会 事務局長 山田 幸雄 氏
  
  北通研分科会:「地域の手話通訳派遣事業の拡充をもとめて」
         資料を基に現状説明・地域の報告、グループ討議・意見交換会を行います。
 
 参加費:2,000円
 申込締切:11月3日

※開催要項は、今月の「通研さっぽろ」に同封します。
また、「通研さっぽろ」をメール配信で受け取られている方には、近日中に開催要項を配信する予定です。
スポンサーサイト
2017.10.12 / Top↑
コンスタントに更新できず申し訳ありません。

◎みなさまのご意見をお寄せください!!

 いま、札幌市では
「(仮称)札幌市障がい特性に応じたコミュニケーション手段の利用の促進に関する条例(素案)」
のパブリックコメントを募集しています。

これは、昨年の1月から今年の7月までの計7回に渡って行われてきた
「(仮称)手話・障害者コミュニケーション促進条例検討委員会」
の議論を踏まえて、札幌市が具体的な条例の素案を出してきたものに対する市民からの意見を求めるものです。
 札聴協と札通研は、この議論の中で一貫して『手話言語条例』を制定してほしい!と訴えてきましたが、
これとは別に障害者の『コミュニケーション条例』の重要性についての発言も行ってきました。

今回は『手話言語条例』ではありませんが、
様々な種類の障害を抱えている市民の情報アクセスとコミュニケーションの円滑化及び向上を目指す条例の素案です。

あなたもパブコメに意見を寄せてください。

なお、札聴協と札通研は、
これとは別に、引き続き『手話言語条例』の制定を求めて運動を継続していく予定です。


●パブリックコメント募集期間
  6月28日~7月28日
●パブリックコメント送付先
  札幌市障がい福祉課(コミュニケーション支援担当)
  郵送・・・〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所3階
  FAX・・・011-218-5181
  メール・・・communication@city.sapporo.jp
※メールの場合は、件名に「条例素案に対する意見」と記載し、本文に氏名、住所、年齢、意見内容を書いてください。
  なお、ファイルは貼付しないで、メール本文だけを送信してください。
●詳しくは札幌市のHPをご覧ください。
  http://www.city.sapporo.jp/shogaifukushi/communication/public.html

2017.07.21 / Top↑

日々の活動 お疲れ様です。直前ですが、下記情報をお伝えします。

ご都合のつく方はぜひご参加ください。


★札幌市議会「​手話言語」と「情報・コミュニケーション」​条例に関する傍聴お知らせ
日時 2017年6月9日(金)13:00~
場所 札幌市本庁舎16階 第一特別委員会 会議室
会議名 厚生委員会
案件 (1)(仮称)札幌市障がい特性に応じたコミュニケーション手段の
          利用の促進に関する条例(素案)について
   (2)議案の審査(予定)
手話通訳がつきます。

 ※開始時刻が13時です。お間違えの無いよう、お願い申しあげます。
  先日の北海道新聞に記事が載っていました。
  この機会を逃すことなく手話言語条例を目指していきましょう。

★センスアップセミナー
日時:6月10日(土)18:30~
場所:情報センター 大会議室
テーマ:「手話通訳を体験しよう!」
    講師:渋谷 悌子 事務局次長
    ゲスト:坂本 幸優 氏(北区支部)
     誰もが知っている昔話を基に、ろう講師の表現を学びます。
     さらなる技術アップを目指しましょう~!
     沢山の参加をお待ちしております。

★ほほえみ後援会 街頭募金活動』のお知らせ
 日時:6月11日(日)13:00~15:00
 集合:大通公園テレビ塔前 12:45
 場所:大通り周辺、狸小路4丁目
    ※詳細については当日説明
   「ほほえみの郷」「ほほえみ手稲」の安定した施設運営のために、
  引き続き街頭募金を行います。
   みなさんのご協力をお願いします。

★札聴協創立70周年記念式典申込受付6月12日(月)まで延長
 式典・記念講演はまだ定員に余裕がありますので、お申込みができます。
 申し込まれていない方は、ぜひご参加ください
 問い合わせ先:札聴協


2017.06.08 / Top↑
日々の活動 お疲れ様です。
1年以上、休眠状態だったブログですが、再開します。
あらためて、よろしくお願いいたします。
みなさんからの情報もどんどんお寄せください。

★5月例会

日時:5月19日(金)
会場:情報センター
テーマ:「ろうあ運動の歴史クイズ」

★センスアップセミナー
日時:5月20日(土)18:30~
会場:情報センター 大会議室
テーマ:「全通研って何?」
      後半は手話技術講座もあります。
講師:札通研運営委員長 山田幸雄
全国・北海道・札幌の活動を分かりやすくお話しします。みんなで通研活動を考えましょう~!人気の手話技術講座もありますので、多くの方の参加をお待ちしてます。

★全通研アカデミー ~北海道会場~
日時:6月24日(土)
会場:かでる2.7
テーマ:「第1講座 14:30~16:30
      「全通研の歴史を学び未来につなげる
             ~全通研活動のこれから~」
       講師)石川 芳郎 氏(全通研理事)
     第2講座 17:00~19:00
      「ろうあ者の暮らしの変化を見つめて」
       講師)近藤 幸一 氏(全通研副会長)

全通研の石川前会長・近藤副会長の組み合わせでの講演は
北海道ではめったにないかと思いますのでぜひご参加ください。
締切は5月19日です。

※ご不明な点やご意見あれば遠慮なくお問い合わせください



2017.05.07 / Top↑
日頃の活動、お疲れ様です。

来年度の研修の情報をお伝えします。

【全国手話研修センター 2016年度 各現任研修のお知らせ】
全国手話研修センターが主催する各現任研修の日程が発表されています。
①手話通訳士現任研修
「基礎研修」及び「政見放送」、「福祉(自宅学習)」
②手話通訳者現任研修
「手話通訳士試験対策」、「現任研修(自宅学習)」
来年度は、北海道での開催はありませんが、全国の府県にて上記内容の研修が行われます。
日程、会場、申込締切日など、各回によって異なりますので、詳細は全国手話研修センターHP内の「研修会一覧」をご参照下さい。
http://www.com-sagano.com/kensyukai

申込締切が一番早い、3件をご案内します。

<手話通訳士現任研修【基礎研修】および【政見放送】>
・第1回京都会場
日程:5月27日(金)~29日(日)

<手話通訳者現任研修【手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)対策】>
・第1回岡山会場
日程:5月27日(金)~29日(日)

<手話通訳者現任研修>
・第1回富山会場
日程:5月12(木)~15日(日)

受講対象者:札幌市および札聴協登録手話通訳者

※各回申込締切日:4月6日(水)
※いずれも、日程1日目は自宅学習

希望される方は、参加費を添えて、札聴協事務局にお早めにお申し込みください。
2016.03.31 / Top↑
中国語通訳