上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
みなさん、こんばんは。
日々の活動お疲れ様です。

【手話が関連する条例の検討委員会が公開で行われます!】

先日、秋元市長が「(仮称)札幌市手話・障がい者コミュニケーション促進条例」を制定する考えを表明したのを、報道などでご存知の方も多いと思います。
障がいのある方々が、手話を含む、それぞれに合ったコミュニケーションを利用しやすい環境整備を推し進めることを目的とし、札幌市が平成29年度の施行を目指しているものです。
条例に盛り込む項目などについて、意見交換や聴き取りのために検討委員会が設置され、その委員として、札聴協の渋谷理事長、札通研の太田副運営委員長も出席します。
5回程度開催予定の委員会は公開で行われ、傍聴が可能です。
私たちの声が、どのように市政に反映されていくのか。
みなさん、ぜひ傍聴にご参加下さい!

《 第1回手話・障がい者コミュニケーション検討委員会 》
日時:1月27日(水)14:00~17:00
場所:情報センター2階 大会議室
※傍聴席は30席(先着順)です。

下記もご参照下さい。
・札幌市HP内
手話・障がい者コミュニケーション促進事業
http://www.city.sapporo.jp/shogaifukushi/communication/index.html
・第14回定例市長記者会見資料(1月21日)
「手話・障がい者コミュニケーション検討委員会」の設置について
http://www.city.sapporo.jp/city/mayor/interview/text/2015/20160121/documents/shuwa.pdf
スポンサーサイト
2016.01.25 / Top↑
中国語通訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。