皆さんお疲れ様です。

札聴協からの下記のお知らせが届きました。
【手話通訳者養成講座と手話通訳者全国統一試験の条件変更について】
札幌市手話通訳者養成講座の申し込み受け付け中ですが、講座の修了と統一試験受験の条件について下記のとおり変更いたします。
・変更前:講座修了後に統一試験を受ける
・変更後:再受講者は講座受講中に統一試験をうけることができる
※みなさんご確認下さい。


《札通研も協力しよう!養成講座「受講呼びかけ」のお願い!》
さて、上記にある通り、現在養成講座の受講生募集が行われていますが、札聴協コミ支援課によると、申し込み者数が大変少なく「危機的状況」とのことです。締め切りが3月25日(金)と近づいています。
札通研会員のみなさん自身の申し込みは勿論、ぜひ周りの手話関係の方へも受講の呼びかけをご協力下さい!

「私なんて、まだまだ…」「通訳なんて無理!」と初めから諦めていませんか?
「養成講座は敷居が高い」と感じていませんか?
札幌では、手話の基礎復習から、地域のろうあ者に協力をもらっての模擬通訳の学習まで、じっくり2年間かけて、丁寧にカリキュラムを学ぶことができます。共に受講する同期の仲間とは、長く続く強い絆も生まれます。

先日3月3日、「手話言語法」制定を求める意見書が、全国の自治体議会での採択100%を達成しました。
これまで以上に、社会から手話通訳者が求められる時代がこようとしています。
サークルや講習会で学んだ手話、ろうあ者のみなさんと触れ合って身に付けた手話を、さらに社会の役に立てるために学んでみませんか?

学ぶことも活動の1つ!
1人でも多くの方が受講することも運動の1つです!
札幌の制度を守り、向上させていくためにも、私たち札通研会員も受講呼びかけに協力しましょう!

<申込・問合せ>
札聴協 コミュニケーション支援課
※札聴協HPに、詳細と申込用紙がアップロードされています。
スポンサーサイト
2016.03.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sapporosyuwa.blog129.fc2.com/tb.php/334-50286e01
中国語通訳