FC2ブログ
12月1日~2日、札幌合同研修会(札幌聴覚障害者協会と札幌手話通訳問題研究会との共催)を開催しました。1日は、全日本ろうあ連盟の久松三二氏に「手話で暮らそう!!手話で生きよう!!」と題してご講演をいただきました。
2日の午前中は、全国の市町村で最初に「手話言語条例」を制定した石狩市の田岡市長をお迎えして「手話と歩む石狩市のまちづくり」と題する講演をいただきました。
午後は、第1分科会は「札聴協の歴史おもしろゼミナール」(札聴協担当)、第2分科会は手話実技講座「通じる手話
表現パートIV」(札通研担当)をそれぞれ開催しました。
※詳細は「通研さっぽろ」をご覧ください!
2019.01.06 / Top↑
札通研会員各位
日々の活動 お疲れ様です。
2件のお知らせです。
①札聴協青年部主催
「全青研報告会&クリスマス会」のお知らせ
<報告会>
日時:12月22日(土)14:00~
場所:情報センター 大会議室
<クリスマス会>
報告会後・・17:45~
場所:北海道食市場 丸海屋 離
定員:30名 会費:3,500円
*クリスマス会のみの参加も可
*500円以上のプレゼントを用意下さい
申込締切:12月19日(水)
※申込先・詳細は札聴協青年部まで
satsu.deaf1835youth@gmail.com
②札通研「特別例会」のお知らせ
日時:12月26日(水)18:30~
場所:情報センター 大会議室
テーマ「どうして手話言語条例なの?~ボーっと生きないために~」
一年の締めくくりに、今年3月6日に成立した「手話言語条例」を今一度学習しましょう。
*終了後、交流会(忘年会)を予定しております。
2018.12.19 / Top↑
札通研会員 各位

日々の活動 お疲れ様です。

意思疎通支援部会開催のお知らせです。

【平成30年度第2回意思疎通支援部会】
日時:平成30年12月21日(金) 18:00~
場所:道立道民活動センター(かでる2.7) 820研修室
議題:障がいのある方に対する情報保障のための指針について

<傍聴のご案内>
傍聴をご希望の場合は、12月7日(金)まで直接「障がい者保健福祉課」までお申込みください。募集定員は20名。

(会場の都合により、傍聴の申込み受付は先着順で行います。定員になり次第、受付を終了。)

※障がいのある方で、傍聴にあたって、なんらかの配慮が必要な場合は、お申し出ください。

申込み先:北海道保健福祉部福祉局障がい者保健福祉課社会参加グループ 担当:澤田

電話番号:011-231-4111 内線25-708

ファックス:011-232-4068

Eメール:hofuku.shohuku1@pref.hokkaido.lg.jp

*詳細については道のホームページをご覧ください。
2018.12.05 / Top↑
手話に関心を持っているあなた!

あなたも札通研に入って一緒に活動しませんか?

「通研って難しい!」
「通訳者が入る所じゃないの~?」
「まだ経験が浅いから…」
「手話技術がまだまだで…」
と思って遠慮している方は、誤解をしているのでは?

通研には、手話・手話通訳・ろう者・ろうあ問題などに関心のある方ならどなたでも入会できます。私たちと一緒に学び、仲間と活動しませんか?

通研は活動すればするほど知識も仲間もが増えていくようなところなのです。

あなたの入会をお待ちしています!

札通研に入ったら…
★通研は全国組織ですから、札通研の会員になることは同時に北通研、全通研の会員になるということです。→ 全国各地に仲間がいます!

★全通研発行の機関誌『手話通訳問題研究』(年4回発行)がもらえます。
→ 必見!!ためになる記事や新情報が満載!

★月1回の例会があります。→毎月第3金曜日18:45~交流・情報交換の場です。

★札通研主催、北通研主催、全通研主催の研修会があり、とても充実した内容です。

★班活動にも参加できます。
→ 目的に合わせて技術や知識を楽しく深めよう!

★セミナー情報や連絡事項はFAX回覧網やメール情報で素早く流れます。
→ 個人情報保護は守りますのでご安心を!

★センスアップセミナーのビデオ・DVD貸し出しもあり。
→ 自宅でゆっくりセミナーを見たり聞いたりできます。

【札通研の連絡先】
札幌手話通訳問題研究会
〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目1-358
札幌市視聴覚障がい者情報センター内
公益社団法人札幌聴覚障害者協会気付
FAX 011-642-8377(札通研あてと明記してください)
メールアドレス sattuken★gmail.com(★を@に変えてください)
(専従の事務局員が居ないので、FAXかメールでの連絡をお願いします)

札通研に入ろうと思ったら…
・事務局に連絡して「会員カード」を入手し、必要事項を記入して、事務局に持参または郵送してください。

・入会と同時に会費を納めてください。(相談に応じます)
会費は年度会費で年間12,000円です。(うち9,000円は全通研・北通研へ)

・納入方法は
①会計部長へ手渡し
②事務局長または事務局次長へ手渡し
③郵便局か北洋銀行のいずれかの口座へお振込み(以下のとおり)
☆会費の納入口座は下記の通りです。
①北洋銀行星置支店
口座番号 (普通口座)4010128
②郵便局
口座番号 19030-25726411
加入者名 札幌手話通訳問題研究会
★振込手数料は会員負担でお願いします。

各班のご紹介 ~こんな班が活動中~
通研会員になったら、班に入って活動を深めている方がいます。
積極的に見学して自分の活動スタイルに合った班を見つけるのもいいですね!
まずは通研に入会して、詳細は事務局にお問い合わせください。

トーク(通訳の質をろう者と語る)班
●公チーム(札幌市登録手話通訳者で構成)
・毎月第4土曜日 13:30~16:00
●民チーム(札聴協登録手話通訳者で構成)
・毎月第1火曜日 18:30~20:30
・毎月第4土曜日 13:30~16:00
視聴覚障がい者情報センター
登録通訳者とろう者(協力者)で構成。
よりよい手話通訳・制度の充実を目指して討論・研修・新聞発行。

テレビデオ通訳班
・毎月第3月曜日 10:00~12:00
身体障者福祉センター
テレビ番組をビデオに撮り、通訳を付けてろう者と一緒に楽しみます。

がくしゅう班
・毎月第2火曜日 13:30~15:30
身体障者福祉センター
技術学習のみでなく、理論学習やろうあ者との交流、また自分達で学びたい、知りたいと思ったことを調べたり、各種行事への参加報告等、いろいろ欲張りな、でも班員ひとりひとりの力を出し合い和気あいあいの班です。見学はいつでもOKです。

医療班
・毎月第4土曜日 14:00~16:00
身体障害者福祉センター
ろうあ者の医療をより良いものにするために学習します。病気や専門用語の学習、医療に関する手話の研究、ろうあ者の受療権を考えます。
みんなの健康を考える班
・毎月第2土曜日 11:00~13:00
視聴覚障がい者情報センター
「元気に老いる」ことを学び、ろう者と聞こえる人が共に健康で長く活動できるために、学習・啓発活動を行います。現在はロコモ体操学習中。

札通研のネットワーク
【札幌・北海道】
★札幌聴覚障害者協会
http://sapporo-deaf.jp/
札幌のろうあ運動や手話通訳、手話サークル等の基本情報や最新ニュースがあります。

★北海道ろうあ連盟
http://www.normanet.ne.jp/~h-f-deaf/
北海道のろうあ運動や手話通訳等の基本情報や最新ニュースがあります。

【全国】
★全国手話通訳問題研究会
http://www.zentsuken.net/
全国手話通訳問題研究会(全通研)は、聴覚障害者福祉と手話通訳者の社会的地位の向上を目指して、手話や手話通訳、聴覚障害者問題についての研究・運動を行う全国組織です。全国47都道府県全てに支部を置き、聴覚障害者団体と共に地域の福祉向上のための活動や学習を行っています。
また、機関誌『手話通訳問題研究』の発行、研究図書等の出版を行い、聴覚障害者問題の啓発に努めています。会員には手話通訳を職業とする人から手話を学ぶ人まで幅広くいます。

★全日本ろうあ連盟
http://www.jfd.or.jp/
全日本ろうあ連盟は、全国47都道府県に傘下団体を擁する全国唯一のろう者の当事者団体です。 その目的は、ろう者の人権を尊重し文化水準の向上を図り、その福祉を増進することです。
2018.11.30 / Top↑
第11回札幌合同研修会のご案内

日時:12月1日(土)18:30~受付
講演「手話で暮らそう!手話で生きよう!」
全日ろう連事務局長 久松三二氏

12月2日(日)10:00~11:30
講演「手話と歩む 石狩市のまちづくり」
石狩市市長 田岡克介氏

12:30~分科会
第1分科会「札聴協の歴史 おもしろゼミナール」(札聴協担当)

第2分科会「通じる手話表現パートⅣ」(札通研担当)

場所:かでる2・7(大会議室他)
参加費:札通研会員は1,000円

まだ申込みをされていない方は、札聴協にFAXされるか、直接会場までお越しください。参加費は会場でお支払いください。

*札幌市手話言語条例が制定された今年、あなたにとって「手話」って何ですか?この根源的な問いをこの合同研修会で再確認しましょう!
2018.11.29 / Top↑
中国語通訳